PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

子育て主夫ネットワーク「レノンパパ」活動日記

子育て主夫ネットワーク「レノンパパ」の活動を紹介します。
またメンバーの専業主夫の育児日記も掲載します。
安藤さんとの写真
0
    ファザーリング全国フォーラムの会場で撮影して頂きました!
     

    左から、「FJ代表」安藤さん、「レノンパパ】梶、「レノンパパ」堀込

    | はるパパ育児日記 | 09:05 | comments(0) | - | - | - |
    明後日25日、日本テレビの番組で放送されます。
    0

      レノンパパの活動とは違いますが、

      日本TVの取材を受け、梶が番組に5分ほど出演します。


      放送日時  2012年2月25日(土)15001555 日本テレビ系列

      日本テレビ リアルワールド

      あの頃のミライ

      〜「まだ」と「もう」を生きる


      〜30歳という人生のターニングポイント〜


       この番組は、自ら31歳であるディレクターが、有名無名な「30歳」前後たち、

      30人にインタビュー。彼らの真摯な言葉から、現在のリアルな日本、そして未来を見つめる

      インタビュー・ドキュメントです。

      | はるパパ育児日記 | 21:16 | comments(0) | - | - | - |
      協働フォーラム2011に参加してきました。
      0
        先日、東京ウィメンズプラザで開かれた「協働フォーラム2011」に参加しました。

        今回三回目となるフォーラムのテーマは
        「とうきょうの子ども・子育てスタンダードを作ろう」
        ということで、東京からこれからの子育てのスタンダードを作って発信していこうと思いを感じました。

        全体的に、行政・企業・NPOの協働もテーマにあったように思います。


        午前の基調講演では、「きょうとNPOセンター」の設立をはじめ、多岐に渡って活動されている、深尾昌峰さんが、これからの協働について話されました。

        ・地域の人々の気づきやなんとかしたい、という思いから発展し、それが広まってNPOとなり、さらに社会的認知されると、やっと行政が動く。しかし、ついお金のでる行政よりによってしまうと、当初のなんとかしたいという思いが薄れてしまう。
        これからは、そうした一部の方の思いを行政や地域で支援していくという形が求められるのではないか。

        といったような話など、とても考えさせられる内容でした。
        特に印象に残ったのは、今の行政と市民は「不幸な関係」というフレーズでした。
        市民は行政を信用してないし、行政は市民を厄介に思っている。
        でもお互い目指すところは同じはずなのに…


        午後は、3つの分科会に別れました。私は虐待の分科会に参加しました。
        いろいろな子育て支援を行っている方や行政の方などが参加し、すぐに自分達ができることは何かを語りました。
        面白かったのは、東京の男達がさわやかに、子どもや子連れのお母さんに自然に声をかけるような雰囲気になったら、いいのでは、という話でした。

        分科会の後は、ホールに集まり、全員で全体会をしました。各分科会の発表とまとめがありました。
        まとめの話の中で深尾さんが語られたことに、「○○と言わない○○」という話があり
        防災と言わない防災とか
        虐待防止と言わない虐待防止とか
        正面から掲げると重たくとっつきにくくても、別のテーマで入って、結果的に防災をしてる、
        こうしたアプローチがとても有効的であるのだということです。

        そう考えると、レノンパパの活動も主夫のネットワーク作りを目的にしていますが、側面には、女性の労働の支援や子育ての支援といったものも含まれているのだと思いました。


        全体会は、隣の席の方4人と即席で俳句を作るという試みもあり、ちょうど自分達が作った俳句

        コラボ(協働)して 新たな担い手 つなげよう

        が二位に選ばれ、景品にチョコまで頂きました!


        最後にゲストに来られた、東京都副知事の吉川和夫さんのお話があり、行政も地域に足を運んで現場を知ることが必要ということや何事も「ほんき」で取り組むことの大切さを語られました。


        雨天の中の開催でしたか、50人以上の方が参加され、とても意義のあるフォーラムであったと思います。
        また次回も参加したいですね。
        | はるパパ育児日記 | 15:00 | comments(0) | - | - | - |
        協働フォーラム2011
        0
          大変遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございますm(__)m

          今年も主夫の活動を頑張っていきたいと思いますので、レノンパパをどうぞよろしくお願い致します。


          さて、お知らせです。
          レノンパパが委託を受けている「子育て応援とうきょう会議」が
          協働フォーラム2011を開催します。

          テーマは
          「東京の子どものこと 行政も考えよう!企業も考えよう!一緒に考えよう!」

          1月20日(金)
          会場は東京ウィメンズプラザにて9時30分〜16時30分まで
          参加費無料。

          基調講演や分科会も開かれます。子育てについて多くの有識者や支援団体が集まりますので、関心のある方はぜひご参加下さい!
          | はるパパ育児日記 | 06:33 | comments(2) | - | - | - |
          今年一年ありがとうございました!
          0
            レノンパパを立ち上げ、最初の正月を迎えようとしております。

            ここまで、レノンパパがやってこれたのも皆さまのご協力・ご支援あってのおかげです。
            本当に今年一年ありがとうございました!


            来年も主夫の交流会やレノンパパサミットの開催を始め、その他いろいろな企画を考えていきたいと思います。

            今後とも皆さまの応援をどうぞよろしくお願いいたします!
            | はるパパ育児日記 | 10:01 | comments(0) | - | - | - |
            子育て主夫ネットワーク「レノンパパ」ホームページ

            profilephoto
            上の画像をクリックするとHPに飛びます。
            【お知らせ1】
            主夫の花見会

            日時:3月下旬か、4月上旬日

            場所・都内


            レノンパパ問い合わせ:syuhunet(あっとまーく)lennonpapa.org
            【お知らせ2】
            講演を行っています

            レノンパパでは、依頼があれば講演を行っています。

            主夫についてはもちろん
            ライフワークバランスや家族のあり方など
            講演内容はご要望に応じますので
            お気軽にお問い合わせください。
            レノンパパ問い合わせ:syuhunet(あっとまーく)lennonpapa.org
            レノンパパ
            メールマガジン
            「レノンパパ」への
            お問い合わせ

            下記のアドレスまでお願いします。
            syuhunet(アットマーク)lennonpapa.org

            ※(アットマーク)のところを @ に変えてください。
            SEARCH THIS SITE.
            MOBILE
            qrcode
            OTHERS